増え続ける小型カメラの種類

一言に小型カメラを言っても様々な種類がある事を知っておいた方が良いでしょう。

撮影のために小型カメラが必要になるシーンは違います。その時々の用途をしっかりと知らないといけません。

ここでは簡単に現存する小型カメラの種類を紹介してみましょう。

ライター型小型カメラ

男性であれば誰が持っていても不思議ではないライター、その中にカメラが仕込まれている小型カメラです。あんなに小さなものの中にカメラを仕込む事が出来るのか…!?そう思ってしまうかも知れないですが、非常に人気のあるタイプです。

ライターであればいつ持っていても不思議ではないですが、決定的な瞬間を逃すことはないでしょう。

盗撮目的で使用する人もいるとは思いますが、そんな事に悪用してはいけません!小型カメラはそんな事に使用してはいけないのです!

メガネ型小型カメラ

これはちょっと変わりダネですがメガネにカメラが仕込んであるものもあります。これならば構える必要はないですから、どんな時でも簡単に撮影する事が可能なのです。どうでしょうか?これで自分のセックスを撮影してみても面白いのではないかと思います。

その他にも例えばコンサートを撮影する時にも重宝するでしょう。自分の目で見たままのものが撮影出来るなんて凄いと思いませんか?スポーツ観戦の時も活躍してくれる事は間違いないでしょう。

ペン型小型カメラ

特にオフィスで重宝する小型カメラがペン型です。仕事をしているフリをして撮影出来るなんて素敵な事だと思いませんか!?あこがれのあの子を後ろ姿を撮影する事も出来ますからね!家に帰ってからオナニーのネタにしても良いでしょう。(嫌がらせとして流出させるのはナシですよ!)

上司からパワハラやセクハラを受けた時に証拠を残しておく事も出来るでしょう。ペン型の小型カメラの可能性は無限大なのです。男ならずとも女性も防犯のために持っていても損はないでしょうね。小型カメラdaytonaであれば1万円前後で購入出来ますから一つは持っていても良いでしょう。

フリスク型小型カメラ

エチケットとしてフリスクやミントケースを持ち運んでいる人も多いと思います。そんな人にお勧めなのがフリスク型小型カメラです。男性ならばライター型、女性であればコレが違和感のないものだと思います。

フリスクなら持っていても誰も不審に思わないですよね?嫌な事がった時に証拠を残すために絶対に必要なものだと言っても良いでしょう。セクハラを防止させるためにも持っていても良いのではないかと思います。

以上の様に小型カメラと言ってもたくさん種類があります。

この中から自分の目的に合うものをチョイスするのが良いでしょう。

決して盗撮のために使用するのは止めてください!

小型カメラで盗撮されて傷をついている女性もたくさんいるのですから・・・・

Leave a Reply